株にかかる税金は?

株式で利益をあげた利益のことを譲渡益といいます。
その株の譲渡益の約20%が税金として取られます。
正確には20.315%で、その内訳は所得税が15.315%、住民税5%となっています。
もちろん、利益があがった分なので、年間トータルでマイナスであれば税金はかかりません。
株式の譲渡益は一年ごと、その年の1月から12月末日までを合算で計算します。
この税金を払うには二通りの方法があります。
株には特定口座と一般口座の二つがあります。
このどちらの口座を選ぶかで税金の支払い方が変わってきます。
まず一つが自分で確定申告をして、税金を払う方法です。
これは一般口座を持っている人に大きく関わってきます。
年末の確定申告を経験された方は分かると思いますが、あのときに確定申告をして税金を支払います。
ただし、サラリーマンのように給与取得がある方はそれ以外の収入が20万円未満であれば非課税となります。
また、年末調整の対象外となるため、自分で確定申告をする必要があります。
もう一つが証券会社が株の譲渡益の税金の支払いを代行してくれる方法です。
これには条件があります。
特定口座で源泉徴収ありを口座開設時に選ぶか、現在証券会社の口座を持っている場合で特定口座を開いていない場合には、特定口座を開き、源泉徴収ありを選択することで可能となります。
取引をして利益をあげると、決まった税金の額が自動的に利益から引かれていきます。
確定申告も必要なく、税金の未払いで後々問題になることもありません。
税金の申告の手続きが面倒に感じたり、手間を減らしたい場合にはおすすめの方法です。
もちろん、これは確定申告ありを選択した場合で、確定申告なしを選択した場合には自分で確定申告をする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました