• ホーム
  • 人に読まれるライティング技術とは?基礎や注意点を説明

人に読まれるライティング技術とは?基礎や注意点を説明

2019年06月28日
パソコンを持っている女性

ブログは自分の意見を伝える手段として作られたものです。個人的な意見に興味を持ってもらうことで多くの読者を得ることができれば成功と言えます。そこで紹介しているものが購入されれば、それが収入源となります。

興味を持ってもらえるブログを作るためには、ライティングの知識が不可欠です。読みにくい記事では、誰も興味を示してくれません。ただ書くと言うだけではなく、しっかりと伝えると言うことを意識しなければいけません。SEO対策によって検索結果の上位になっても、継続的に見てくれる人がいなければ収益には繋がらないでしょう。

そのためにはタイトル、構成などを意識して作らなければいけません。特にタイトルはSEO対策にとっても重要で、安易につけてしまうと何を書いている記事かわからなかったり、平凡すぎることで集客に繋がらない恐れもあります。これから紹介したい内容を瞬時に理解できて、読みたいと思わせるようなタイトルにしましょう。

タイトルは問題提起がしっかりしているものの方が、読まれる確率が高まります。この記事を読むと何が解決できるのかがわかれば、その内容に共感する人が読者となるはずです。

構成は伝えたいことのまとまりを考えて作るようにしましょう。その時に参考になるのが、序破急です。日本文化の概念で能楽や茶道などでも使われる言葉です。よく知られている起承転結は、文章構成の基本ですが、序破急はより明確に直接的にテーマを打ち出したい時に使うことができます。序で問題提起を行なって、破でその解決策を提示し、急でその結果を記します。CMなどの短い時間で伝えたい時にも使われる技法です。

ブログのライティングは短い時間で多くの情報を伝える必要があり、読み手が興味を示すように書くことが重要です。まとまりを考えて読みやすくすることでスピード感を得ることができるので、短時間で読み終えることが可能になります。空いてる時間で読まれることが多いブログならではの記事の書き方と言えます。

多くの読者を抱えられることがプロブロガーにとっての生命線です。好きなことを書くことで収入を得ることは簡単ではありませんがライティングを覚えることで、理想に近い状態に近づくことができます。同じことを説明していても書き方次第で伝わり方は変わってきます。せっかく時間を使って記事を書くのであれば、基本的なことを理解した上で始めた方が効率良く進めることができます。