• ホーム
  • 中古ドメインで集客効率化?バックリンクの大切さ

中古ドメインで集客効率化?バックリンクの大切さ

2019年05月25日
パソコンを使っている女性

いかに収益をあげるかと言うことがプロブロガーのテーマになります。
そのためにはブログへの流入数をアップして、成約が得られる機会を増やさなければいけません。
実店舗と同じように気が付いてもらえなければ、訪問する人は増えません。
そのために需要なのが検索順位をあげるSEO対策です。

Googleなどの検索結果で上位に表示されれば、それだけ人目につくことになります。
SEO対策は検索順位を上位にするために行うものです。
単純に希望すれば上位にできるわけではなく、いろいろな条件をクリアしなければ結果は得られません。

Googleが検索順位を決める方法としてGoogleアルゴリズムと言うものを作っています。
その詳細は公開されていませんが、多くの実績からその対策が練られています。
そのアルゴリズムの中で注目したいのが、被リンクです。

被リンクとは他のブログやサイトからリンクを貼り付けられることで、それだけ紹介したい内容になっていることがわかるため、検索順位をアップさせる要因として注目されています。
被リンクはバックリンクとも呼ばれていて、その数が多い方が有利になります。
アルゴリズムは自動的にバックリンクを確認して、その多さをランクによって参考としていると言われています。

被リンクは簡単に貼ってもらえるわけではありません。
内容の良し悪しを判断した結果、重要を思えるサイトに対して貼ってもらえるものなので、自分ではどうしようもできません。
かなり時間を要するものでもあります。ただし中古ドメインを利用することで、引き継ぐことも可能です。

中古ドメインは過去に掲載されていたサイトやブログで使われていたドメインが利用されなくなったものです。
メリットとしては安価に入手することができると言うものです。
ドメインはそのブログを象徴するもので、内容に合っていることが理想です。
人気のあるドメインはなかなか入手することができません。
中古ドメインであれば、簡単に入手することが規定できます。

デメリットとしては過去の利用停止などの問題を引き継ぐ恐れがあることです。
それも今では違うオーナーになったことを説明することで解除可能なことが規定されているので大きなデメリットにはなりません。
それよりも過去のバックリンクを引き継ぐことができることが大きなデメリットにつながる可能性があります。
そのリスクを考慮した上で、導入の場合は中古ドメインを良質な販売サイトで手に入れることをオススメします。
開設から多くの被リンクを持っている状態になり、検索順位を上位にして流入数をアップさせることにつながることが期待できます。