ローリスクで株を買おう

株への投資では必ずリスクが伴います。
リスク無しに利益を得ることはできないと考えておくべきでしょう。
これは株に限ったことではなく、あらゆる投資について言えることです。
ただ、株は古くから投資対象として用いられているために、ローリスクで投資する方法がある程度は確立されています。
まず基本を把握しておくことは非常に大事なことです。
その方法の一つが少額投資です。
大きな資金を投入すれば、期待できる利益も大きくなります。
一攫千金を狙うために資産をすべてつぎ込むというスタイルも投資方法としては考えられますが、もしもそれで失敗してしまうと資金をすべて失ってしまうことになりかねません。
そのようにならないようにするためには、できるだけ小さい資金で投資をするのが良いと考えられます。
特に、生活に必要な資金を投じるべきではないでしょう。
株への投資はあくまでも余裕資金で行うのが良いと考えられます。
次に分散投資は非常に重要です。
一つに集中して資金を投じると、それに失敗すると多くの資金を失ってしまいますが、二つに投資をすればリスクは小さくなります。
片方が失敗してももう片方が利益を生み出してそれを相殺できるというのが理想的です。
三つに投資をすればさらにリスクは小さくなると言えるでしょう。
数十個くらいに分散することでリスクをかなり低減することができます。
それと共に時間の分散も大事です。
一度にまとめて買うと、そのタイミングが高値であることも考えられます。
高値で買ってしまわないようにするためには、まとめて買わずに、数回に分けて買うのが良いと考えられます。
短期売買では損切りを徹底することによってリスク管理をするのも一般的な手法です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました