パソコンを見ている女性

ネット社会の新しい職業としてプロブロガーと言うものができました。ブログはジャンルに合った記事を書いて、広く情報提供するものです。そしてそのブログにASP広告を掲載することを収入源とします。書くべきジャンルは自由なので、好きなことを書いて多くのPV数を得ることが最初の目標になります。

サイトはある内容のものを紹介するために作られるもので、企業の製品紹介や販売手段として使われることを目的としてます。好きなことだけを書くのではなく、しっかりと説明することが重要です。つまり広告に特化した情報提供になります。サイトは売主が商品の説明に使うもので、ブログはそれを客観的に紹介するものになります。

ブログの方が購入者目線に近いため、共感を得やすいと言うことが特徴です。おすすめすることに特化した記事を読んで、納得した人は記事の中にあるリンクから商品が購入できるサイトに移動して成約につながります。サイトでは更新すると言う概念がなく、一度閲覧されたらリピーターはいないと言うことが考えられます。日々情報が更新されることがブログのメリットです。

好きなことを自由に書くことは、ブログの特徴ですが、それではプロブロガーになることはできません。しっかりと収入源とするには、収益を上げるために特化したブログにする必要があります。そのためにはブログ内に掲載するASP広告からの収益が重要です。

もう一つの収入源として考えられるのはGoogleアドセンスです。ASP広告が成約によって報酬が得られるシステムですが、Googleアドセンスはクリックされるだけで、報酬を得ることが可能です。成約がなくてもクリックしてもらえるだけで収入を得ることができることが、ASP広告とGoogleアドセンスの大きな違いです。

ジャンルの決定も多くのPV数を得られるものを選ばなければいけません。自由に決めることも可能ですが、それでは収入源にするまでに多くの時間がかかるようになります。収入を得やすいサイトに特化することで、しっかりとした収入源に作り上げます。PV数を稼ぐために、改善を行うのも一般的なブログとの大きな違いです。好きなことを書くだけでは多くの人に読んでもらうことは難しいでしょう。

現在でも多くの人がブログを収入源として活動しています。その中でも最強ブロガーと呼ばれる人も存在します。そのような先人の内容を見て勉強するのも重要です。知り得た技術を使って少しずつ改善していくことも求められます。支援してくれるツールもいろいろあるので、知っておいた方が良いでしょう。